>

虫歯治療には選択肢が豊富

保険適用できる白い素材

虫歯で削った場所を埋める際に、よく用いられるのがレジンです。
穴を埋める「インレー」として使用される場合、金属を使用する方法もありますが、その場合は型を取り、次の治療の時に嵌める、という必要があるため、最低でも2回、通院が必要になります。
光で硬化するレジンを流し込んで固める治療の場合、その日のうちに完了します。
保険適用内での利用もでき、あまり回数をかけたくない方や、あまり削らず、歯質を保つ意味では非常に有効な治療です。
また、色は白く、目立たないというメリットもあります。
しかし、プラスチックですので、長く使用していくうちに変色したり、欠けてしまったりすることがあり得ます。
欠けた場所から虫歯菌が侵入してしまうと、再び深い虫歯になってしまうことがありますので、再度治療が必要になります。

白い歯を再現するセラミック

セラミックとは、食器の様な陶器の事です。
歯科治療では昔から使用されてきており、目立つ前歯などの治療で大きく削ってしまった場所に、差し歯として用いられることが多くありました。
とはいえ、金属ではなく、陶器である為、割れたり、掛けたりというデメリットがあります。
そのため、力がかかる部位には向かない素材とされてきましたが、最近は、強度が格段に上がったジルコニア、という新しいセラミックも開発され、奥歯にも使われることが増えています。
土台もセラミックを使用すれば、歯茎の変色も起こさず、美しい見た目をキープすることができます。
しかし、保険適用範囲内で使用できる素材ではない為、治療費用は高額になります。
また、強度が増したとはいえ、噛み合わせが強い方などは、どうしても破損してしまう可能性がありますので、不向きであると言えます。


この記事をシェアする