>

保険適用で安価な銀歯

強度の高い金属

治療後の詰め物や被せ物として多く用いられる素材に、金銀パラジウム合金があります。
金属ですので、レジンやセラミックなどと比較すると、格段に強度がUPします。
割れる心配が無いためですね。
奥歯等、体重がかかる場所、歯ぎしりなどの癖があるような方に向いている素材です。
壊れる心配が低いので、安心して食事を楽しむことができます。
保険適用範囲で使用することができ、比較的安価なことも大きなメリットです。
しかし、日本の保険の性格としては、「悪いい所を直す」ということが目的とされています。
そのため、保険で適用される銀歯は、耐久年数が短いという特徴があります。
3年から5年ほどが寿命と言われていますので、このタイミングで、状況を確認し、必要に応じて再度治療を施す必要があります。

銀歯のデメリット

白いものではないので、目立ってしまい、見た目が良くないというのがデメリットです。
また、長い間使っていると、金属が錆るなどして溶け出し、歯茎の変色が見られるようになります。
銀歯自体が割れることはありませんが、咬む力によって変形してしまう事があり、時間が経つと、埋めた銀の部分と歯との間に隙間が生じることがあります。
こういった隙間に歯垢がたまり、虫歯菌が侵入してしまうと、再び虫歯になってしまいます。
上から銀歯が嵌っているため、虫歯に気づき辛く、気付いた時には重症になってしまっている事もあります。
また、銀歯の金属イオンが溶け出し、唾液と一緒に体内に吸収してしまうと、金属アレルギーを引き起こしてしまう事もあるので注意が必要です。


この記事をシェアする